2013年07月10日

朝からドーナツ

今朝、同じ建物で働く軍人さんからドーナツの差し入れがありましたわーい(嬉しい顔)


朝からドーナツ。
アメリカでは普通なのでドーナツ店も朝からオープンし、毎日朝はドーナツとコーヒーという人もいます喫茶店


その感覚がある軍人さんがオフベースのドーナツ店に「朝6時に行った閉まっていたがく〜(落胆した顔)」「どうしてなんだ???」と聞かれました。


「日本人は朝からドーナツ食べないからねぇ〜」と教えると不思議そうな顔をしていましたわーい(嬉しい顔)


ドーナツは食事の代わりではなくあくまでもおやつだと思うのですが、食文化の違いでしょうかexclamation&question


でも朝から美味しくドーナツを遠慮なく頂きましたが、最後に残っていたのが私が一番好きなシンプルなドーナツだったことにも笑っちゃいましたわーい(嬉しい顔)


どこまでも甘い物が大好きなアメリカ人です揺れるハート


そんな彼らですが日本にしばらく住んでくるとさすがに日本の繊細で甘さ控えの食べ物のよさを実感してくるようで、日本のパンやお菓子を買い求める人も少なくありませんるんるん


このドーナツを持ってきた軍人さんはアジア系アメリカ人ですが牛乳などの乳製品は日本のスーパーから買うらしく、こないだ牛乳パックを見せられこれが生乳かどうか確認がありました。


ですが昨日食べたシナモンロール、以外にもしつこいあの甘さがなく美味しく食べれましたかわいい


少しずつでしょうがこういう味覚を求めている人が増えているんでしょうねるんるん


甘い物が嫌いな長男も珍しく2個ぺろりと食べていたぐらいですひらめき


昨日は韓国からのおみやげで日本でも売られているようなスナック菓子がたくさんあり、今週は差し入れが続いておりますぴかぴか(新しい)



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村




posted by wash at 13:13| 沖縄 ☀| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

日本のアニメ文化

仕事関係でお付き合いのある軍人さんがいるのですが、彼が使う日本語がとても面白いですわーい(嬉しい顔)


メールには私の名前の後にsenpai(先輩)という単語をつけたりと時々使う日本語の単語はほとんど日本のアニメから覚えたようです。


自分のことを「おたく」と呼び、日本アニメを英語吹き替え版でなく字幕つきで見ることにこだわったりとかなり日本のアニメに精通していますファーストフード


日本の声優さんの評価も高く、日本のアニメをアメリカ人の吹き替えで見ると迫力が伝わらないと力説します位置情報


今や世界に通用する日本の漫画&アニメ文化ですが、思い起こせば20数年前私がアメリカの高校に通っている時には既に台湾系&韓国系アメリカ人が日本の漫画を読んでいましたよ。


しかもある韓国人なんて私の前でマッチの「ギンギラ、ギンギラさり気なく〜カラオケ」と熱唱していました・・・ダッシュ(走り出すさま)


なので任天堂やソニーなどのゲーム機関連の会社はアメリカの会社だと信じきっている人も多くてびっくりしましたあせあせ(飛び散る汗)


今の時代はインターネットが普及しているのでそんなことはないと思いますがあの当時は間違った日本の情報を真剣に信じているアメリカ人の多さに本当に驚きました。


未だに着物や下駄を履いて生活していると思っている人もいましたし、ひどい人になると武士がまだ実在すると信じていた人もいましたたらーっ(汗)


アニメキャラクターがかけているめがねまでが実際売っているって知っていました?

これも今の職場の軍人さんから教えてもらいましたよ。


そのめがねが沖縄で買えるかどうか調べて欲しいと言われ、調べましたが残念ながらその店舗は沖縄にないのですがウェブサイトでそのキャラクターのフレームが売っている情報をどこからかゲットしたようですひらめき


同僚なんてワンピースのフィギュアを集めているらしいです。

彼も自分のことを「おたく」と呼んでいますたらーっ(汗)


残念ながら私はあまりテレビは観ないのですし、漫画も読まないのでアニメに精通しておりませんが、こうやってアニメを通じて日本文化が伝わるのは良いことだと思いまするんるん


今後はアニメの影響で日本語の普及率も上がるかもしれませんね。


我が家の息子たちも日本のアニメは好きでたまにテレビで観ていますよTV



にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村



posted by wash at 11:24| 沖縄 ☀| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ゴキブリ

夏になると更に活動を活発にする人類の天敵「ゴキブリ」がく〜(落胆した顔)


実は私、ゴキブリに関してはいくつかの武勇伝があるほど、仕留めるのが上手いんです手(チョキ)


こんなことを自慢してもどうしようもありませんが、中にはとにかくゴキブリを怖がる人がいるのでその人たちにはとにかく重宝がられます揺れるハート


先日、ベランダでそのゴキブリを旦那が発見がく〜(落胆した顔)


旦那はゴキブリを見て逃げ回ったりしませんが、直ぐに殺虫剤に頼る辺り私からすれば頼りないですあせあせ(飛び散る汗)


私の場合ゴキブリを履物で内蔵物を出さずに綺麗に仕留めることをモットーにしているため、見かけると直ぐに履物を手に探し回ります。

まぁ簡単に言ってしまうとかなり積極的に探すので、仕留める確率も高いと思います。


実はうちの三男、ゴキブリも含め昆虫全般大の苦手ときています。

あ、でもカブトムシ、クワガタは大丈夫ですかわいい


見かけるとワーワーうるさく逃げ回るためたまに意地悪したくなるほどですがこればっかりは仕方ないですよね。


沖縄のゴキブリは黒びかりしていて体長も4〜5センチはあるうえにたまに飛んだりしますわーい(嬉しい顔)


暗闇の中ブロック塀辺りをうろついているゴキブリを仕留める時の達成感といったらたまりませんが、こんなことを書くと変態みたいですが私としては人の役にたっているつもりですわーい(嬉しい顔)


実家でも私の両親、長女姉と私以外はゴキブリを苦手としているので見かけると直ぐに呼ばれます。


家を新築してからは家の中で見かけないのが不幸中の幸いという感じですが、三男以外の2人の息子達は怖がりはしませんが私ように積極的に攻撃していかないタイプのようで誰も私のDNAを受け継いでいないようですダッシュ(走り出すさま)


前の職場では男性社員がゴキブリを社内で見つけ、おびえているのを仕留めてあげるとものすごい尊敬の眼差しで見られ、以外に男性のほうが弱いのかなぁと思ったことがあります目


こんな私でも1つだけ苦手としているものがあります。


それは○ズミですがく〜(落胆した顔)


こればっかりは見かけただけで鳥肌全開状態となりますが、幸い最近見かけてことがありませんひらめき


人類の敵、ゴキブリですがきっと食物連鎖内では何かの役に立っているはずですよね。


沖縄は台風台風が過ぎ去り、穏やかな週末が過ごせそうです。


明日午前中は旦那がバスケットクリニックを開催するようですが、私は父親を病院に連れて行かなきゃいけないので別行動ですね病院


今日は夏至、みなさんも良い週末を過ごして下さいねるんるん


にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村



posted by wash at 14:24| 沖縄 ☁| Comment(0) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ゴミ

アメリカの学校では掃除時間というものがありませんダッシュ(走り出すさま)

ランチが終わると本来はゴミ箱に自分が食べた物を捨てなきゃいけないのですが、私が通っていた学校ではランチの後は中庭がまるでゴミ箱のように散らかっていたのを覚えていますあせあせ(飛び散る汗)


それを誰が片付けるのかというとちゃんと学校では清掃担当の人を雇っていてその人たちが片付けます。

ですが、自分が出したゴミを片付けないなんて私には信じられない行動なのでこの事がどうも理解できなかったのですが、旦那や他のアメリカ人とこの話をするとみんな一様に

「これは彼らの仕事だから、自分達で片付けたら彼らの仕事がなくなる。」という回答ですあせあせ(飛び散る汗)

これには最初の頃は本当に驚きましたがある意味彼らの言っていることも正しいんですひらめき

ですがどうしてもそのように躾けられていないというかそんな倫理観で育ってきていないせいか、未だに理解できませんあせあせ(飛び散る汗)

いくら清掃人の仕事だと言っても、「ゴミ箱にぐらいはちゃんと捨てろよパンチ」と思うのは私だけでしょうか???たらーっ(汗)

ゴミもちゃんと自分で捨てられないからアメリカではゴミの分別が進まないですし、平気でポイ捨てする人が多いように感じます。


子供達も今はそんな環境で学んでいますが、私がゴミはちゃんとゴミ箱に捨てるように厳しく言ってきているので、先日2軍の試合後フィールドのスタンドに置きっ放しになっているゴミを拾い始めた長男るんるん

旦那がフィールドの鍵を閉めて帰らなきゃいけないので人が帰るのを待っていたということもありますが、それを自発的に行動に移した長男を見て、私も慌てて一緒にゴミを拾いました。

本当は私がやって見せなきゃいけないのに又しても長男に教えられてしまう、頼りない母親です。。。あせあせ(飛び散る汗)


先月のバスケット大会期間中もゴミの分別をせずにゴミを捨てている現状に心が痛み、来年はこのゴミの分別から徹底してやろうと心に誓いましたひらめき


少しのことかもしれませんが、今できることの積み重ねが大事だと思います。

それを考えると私もアメリカ式に慣れてきたというか感覚が麻痺してきているところがあり、ゴミを見てもあまり罪悪感を感じなくなっているようにです。

これを機会に自分が出来る範囲でゴミの分別やゴミを見たらちゃんと捨てたいと思いました。

米軍施設内でもだいぶゴミの分別は進んできていますが、まだまだ徹底されていないのが現状ですが、地球のことを考える人がもっともっと増えていくためには子供のうちからの躾が大事ですよねかわいい


あの三男でさえポイ捨てはしないので、たまにあの子のカバンやポケットをあさぐるとお菓子のパッケージがたくさん出てきますふらふら


最後まで片付けはまだ出来ていませんが、とりあえずゴミをゴミ箱以外に捨てていないことを確認する度にほっとします。


ちなみに沖縄の人の多くは、ゴミ箱のことをチリ箱と言います。

不思議に思うかもしれませんが、当たり前に使われていますよわーい(嬉しい顔)



にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村




posted by wash at 08:32| 沖縄 ☀| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

銃規制

アメリカのコネティカット州にある小学校で起きた銃乱射事件、あまりに痛ましい事件に言葉もありません。

亡くなった児童や学校関係者の親族の気持ちを思うと本当に辛く悲しくなります。


私はこの事件前からアメリカの銃規制運動には賛成でしたが、オバマ大統領のスピーチにもあったようにとにかくアメリカ社会がこの問題から学び本気で銃規制に乗り出して欲しいと心から願っていますぴかぴか(新しい)


子供達の学校でもこの話がよく話題に上るようで、あの全員射殺された教室にいた生徒が死ぬ直前に家族に心温まる手紙を書いていたり、隣にいた生徒達を誘導するため消防士が射殺された校長先生の血だらけの遺体を見せないために、全員に目をつぶって前にいる人の肩に手を置いて歩くように指示していたり、生徒を全員クローゼットに隠し助かるという話を聞くと、こんな悲惨な状況の中で素晴らしい行動にでる人たちの存在に救われます。


私たちは沖縄に住んでいるので銃世界とは無縁のようですが、子供達が通っている学校では様々な対策を練って下さっているようで定期的に不審者進入に対する訓練を行ってくれていますひらめき


どんな場合にも対応できるように先生方がやるべきこと、トイレにいる子供達は便器の上に立って静かにすること(アメリカのトレイのドアは下の部分が空いているので)、直ぐに鍵をかけ机の下に隠れることなど色々な場面を想定しています。


今の世の中その訓練はとても大事なことに思えます。


これから大学をアメリカで過ごす自分の子供達のことを考えると一刻も早い銃規制を願ってやみません。


こんな悲しい事件が二度と起きないよう、亡くなった人たちの命や想いを無駄にしないよう私たち一人一人に出来ること、やるべきことを精一杯していかなきゃいけないなぁと思います。


亡くなった方たちのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村




posted by wash at 09:53| 沖縄 | Comment(0) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

裸に対しての価値観

日本では子供が小さい間は母親か父親と一緒にお風呂に入るのが当たり前ですよね。

ですがアメリカでは親と一緒にシャワーをする習慣がありませんダッシュ(走り出すさま)

子供が小さいうちはもちろん親が手伝いますが、親はバスタブの外で服を着ている場合がほとんど。

子供たちがまだ小さい時に私が裸で一緒にお風呂に入っている姿を見てはカルチャーショックに襲われていた旦那ですが、それを私が小学校低学年になった三男に対してもやっていたのでさすがにその時は言われました。


「こんなことアメリカでやったら児童虐待で警察に捕まるぞ!」とがく〜(落胆した顔)


「え〜、でも日本では普通だよ〜」と言っても理解できないらしく、しかも性別の違う親子が一緒に裸になっているのが信じられないようですふらふら


う〜ん、旦那の言い分も分かりますが、この文化の背景には幼児に対する性的虐待が多いことがあるんだと思います。


あまりそこの部分に敏感になるのもどうかと思いますが、性的虐待を未然に防ぐためには必要なのかもしれないですね。


難しい部分ですが、この件に関してはアメリカと日本の価値観の違いをとても感じました。


にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村



posted by wash at 08:32| 沖縄 ☁| Comment(0) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

発音できない・・・

先日、家族で渡嘉敷島に旅行に行った話を同僚がしたのですが、何故かこの「渡嘉敷島」が正しく発音できない彼・・・たらーっ(汗)


まぁアメリカ人なので仕方ないですが、それでも日本語も最低限の会話はできるレベルですし沖縄滞在期間も10年ほどですのでこれにはちょっと驚きました ダッシュ(走り出すさま)


最初は彼だけがこの発音が苦手なのかと思ったら後から参加した同僚も同じ反応。


アメリカ人との付き合いは長いですがこれにはちょっと驚きました。

なんというか盲点な感じがします。

そこで我が家のインチキアメリカ人にチャンレンジさせたところ、問題なくクリアー ふらふら


やはり彼はインチキアメリカ人だということが証明されました ひらめき


テレビ番組で竜神マブヤーを観ていた時に「マブヤー」は魂って意味だよと親切に教えてあげたところ、怪訝な顔で「こんなことも知らないと思っているのか!」と一喝。。。あせあせ(飛び散る汗)


逆にどんだけ沖縄のこと知っているのよ〜 ダッシュ(走り出すさま) と思いましたが、沖縄文化、言葉に精通していることが誇りの旦那 いい気分(温泉)


面白いです わーい(嬉しい顔)


ですがこないだ会社の人とエイサーの側でおどけたり、ハヤシたりする役の「チョンダラー」の名前が直ぐに思い浮かばなかったらしく、相手のアメリカ人が「歌舞伎」と言い張るなか「そんな呼び方じゃないぞ!」ときちんと反論できなかったのが悔しい旦那 ダッシュ(走り出すさま)


まさか「チョンダラー」と「歌舞伎」を間違えるとは驚きましたが、この二つの共通点といったら顔に白粉を塗ることぐらいでしょうか、まぁある意味沖縄では伝統エイサーの中では重要な役割を担うのでそこそこ重みはあります。


冒頭の同僚、毎年お盆期間中に海に潜るという恐ろしい人物です たらーっ(汗)


「そんなことしたら駄目だよ。」と注意してあげましたが、本人は「海に誰もいないし、最初は不思議だったよ。」とのん気な発言に驚きました がく〜(落胆した顔)


まぁ彼らには何の影響もないでしょうが、たまに感じるこの文化の違いに驚きます ダッシュ(走り出すさま)


我が家はどちらかというと日本の風習やしきたりにどっぷり浸かっているほうなのでこれから子供達も色々なことで驚くんでしょうね。


まぁ基本はお互いの文化や価値観を尊重して良好な関係を築くことが一番大切ですよね かわいい



にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村





posted by wash at 09:11| 沖縄 ☁| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

SUPER BOWL

第46回スーパーボールがアメリカのインディアナポリスで5日開催され、日本では時差の関係で月曜日の昨日でした。 イベント



1年に1度のこの大イベントに対してのアメリカ人の熱狂ぶりには毎本当に年驚かされます ぴかぴか(新しい)



仕事を休む人も多いですし、なんと子供達を休ませる人も多いらしく、事前に学校に来るかどうかの確認が先生からあったりととにかくアメリカ全国民で観戦し、大騒ぎするイベントなのは間違いないです スポーツ




このスーパーボールがなんでここまで盛り上がるのかというと、野球やバスケットのように4試合勝ったチームが優勝するという構図ではなく、1度きりの1発勝負でチャンピオンを決めるので、ファンが熱狂的に応援するのです。



私の会社でも試合が終わるまで私ともう一人のフィリピン人の女性二人だけしか出勤せず、試合が終わると会社の隣のバーで昼真っからパーティが始まりました あせあせ(飛び散る汗)



試合の結果は、うちの子供たちが応援していたNYジャイアンツが勝利しました 手(チョキ)




帰って来てから子供達に確認すると全員、次男の体育のクラスを除いて全クラスで試合観戦ができたと言っていました わーい(嬉しい顔)




夏の甲子園で沖縄のチームが優勝した時もここまでやっていたか疑問ですが、みんなで楽しく観戦できたようなので子供達なりに楽しかったんじゃないでしょうか。



ハーフタイムショーはマドンナで本当に53歳とは思えないほどの美貌と体系に私も頑張ねばと反省しました。



とても見ごたえあるショーでさすがマドンナと思わせる内容でしたよ るんるん




お祭りも終わり今日から仕事モード突入です わーい(嬉しい顔)





にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村





posted by wash at 11:38| 沖縄 ☔| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

突然、温泉

今朝、引きこもり系の上司が突然やって来て、

「西表島に行きたいから予約を取ってくれ。」との依頼がありました。



しかも一人で西表島に2泊3日です たらーっ(汗)


「沖縄県内で天然温泉 いい気分(温泉) があるホテルはそこだけなんだよ」と笑顔で話すので、「いつからいつまでですか?」と訪ねると今日出発すると言うじゃないですか exclamation



一人でゆっくり温泉に浸かりたいからと言って、わざわざ西表島まで行きますか、普通??? いい気分(温泉)



1時間後に嬉しそうにリュックサックをかついで、「じゃあ、月曜日ね。」とあっという間にいなくなりました。



フェリー 船 の時間まで調べてあげ、日程表も作ってあげたのでカタコトの日本語でもなんとかなるでしょう。




しかも経理の人に「現金いくら持っているの?」と聞かれると「7,000円ぐらいかな?」ですって。



いくらクレジットカードを使うつもりでももう少し多めに現金持って行くでしょう、普通。




本当に天才肌の人ってやることが凡人には理解できません あせあせ(飛び散る汗)



何の害もないので全然かまいませんが、たまにひよっこり現れるとほぼ毎回色々な意味で驚かされます。



ちなみに経理の人に温泉に入りたいんだったら「静岡とか九州に行けばいいじゃない 飛行機」と言われるとその回答が「琉球王国じゃないから駄目だ。」です たらーっ(汗)




彼は異常に沖縄の琉球王国が好きらしく、噂によるとその知識もすごいらしいです。


沖縄県生まれ、育ちの私よりもはるかに造詣が深いのは間違いないですね。


私の周りには旦那を含め、変なアメリカ人ばっかりで退屈しません ダッシュ(走り出すさま)




あの緑豊かな西表島で一人、アメリカ人が温泉 いい気分(温泉) に入っている姿、想像できますか? わーい(嬉しい顔)




皆さんも良い週末を過ごして下さいね かわいい





ブログランキング【くつろぐ】




国内格安航空券を価格比較!
国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
年 月 日 
海外・国内の格安旅行探しの決定版! Travel.jp





posted by wash at 13:39| 沖縄 ☀| Comment(4) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

カルチャーショック

今までとは全く違う価値観&環境で頑張っている子供達。


そんな子供達から驚きの声があがったのが、学校でお菓子が食べれるということ。



三男の言語の授業でいきなり先生が「は〜い、少し休憩、スナックタイム〜ぴかぴか(新しい)」と言い出し、先生も一緒にお菓子を食べ始めたようです あせあせ(飛び散る汗)



チップスとかチョコレートバーなどをみんなそれぞれ持参してクラス内で食べるようで、今日は三男もお菓子を持っていきました わーい(嬉しい顔)



「このクラスだけ教室で食べていいの?」と聞くと各先生によるようですが、高校ではどのクラスでもみんな勝手にお菓子類を食べているそうです。



もちろん飲み物もOKです。



ちょっと唖然としましたが、お腹をすかして授業を受けるよりはという考え方なのでしょうか???



ちなみに私が交換留学で通っていた学校ではさすがに授業中の飲食は禁止でしたよ。




嬉しそうに三男が「ちょっとぽっちゃりの先生だからかな。」とコメントしていました あせあせ(飛び散る汗)




自由といえばものすごい自由ですが、規則がゆるいわけではなく、先生から注意されても改善がみられない時には次のステップに移ります。


その段階が結構細かく決められていて、もちろん親への連絡も早いです。



学校の規則、クラス内での規則などが全て書面で渡され、子供と親がサインしなければなりません。



後で「聞いていなかった。」 「知らなかった。」ということを防ぐためだと思われます。




このへんは日本より厳しいと思われますが、ルールが明確なので親も子供も納得しやすく、問題を起こす行動をしなければ後は比較的自由のようです。



ご存知の方も多いかと思われますが、教科書も毎年各自に配布方式ではなく、百科事典のように厚みがある教科書をみんなで使います。


つまり、教科書は政府の物でみんなで共有するので書き込みをしたり、折り曲げたりはできません。



今のところ、子供達が使っている教科書は教室に置いて帰るシステムのようで宿題等はプリントを配布されます。



私は毎年3月に大量の教科書を捨てているので、アメリカ式のほうが好きです。



教育に関しては日本より無駄が少ないのに他の面では考えられないぐらい消費大国アメリカ たらーっ(汗)



バランスが悪いとしかいいようがないですが、これからはもっとヨーロッパや北欧を見習わないといけないですね。




明日も学校ですが、運よく10時すぎには終わるのでそれから急いで運動会に参加します ダッシュ(走り出すさま)



5年生なのでプログラムが全てお昼前と後なので助かりました。



明日も4時起きでお弁当作り頑張ります かわいい





blogram投票ボタン






posted by wash at 10:29| 沖縄 ☀| Comment(8) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

寄付

次男の九州大会のための資金造成をしているのですが、私の会社の人たちみんなが気持ちよく賛同しくれ、サポートしてくれています。 揺れるハート



アメリカってとてもチャリティーイベントが多いですし、生徒たちも様々な活動で必要な経費を募金やチャリティーイベントで集めます。


私がアメリカに住んでいた時は、フランス&ドイツ語クラスの生徒が年間を通して、チョコレートバーを他の生徒や家族に売り、その貯めたお金でフランスに行くんです。


遠征が決まったスポーツチームも何かしらの資金造成活動をしますが、それを楽しく、そしてすごく盛り上げるのがアメリカの特色のような気がします。



見ているだけで楽しそうなので、募金する側も気持ちよくできますし、困っている人を助けてあげようという気持ちが伝わってきます。


アメリカ人ってものおじしない人が多いですし、何かしらの芸ができる人も多いような気がします。


日頃から教会に通っている人が多いからですかね???




今回、私も初めての経験なのですが、本当に周りの人たちが気持ちよく寄付してくれるのでありがたいです ぴかぴか(新しい)




沖縄の子供たちって色々な才能を持っているのに、行政側のサポートが驚くほど少ないんですよね。



なので継続して子供のサポートをしていかなきゃいけないご両親はものすごく大変だろうなぁとつくづく感じました。



毎年、派遣が2回、3回も続くとその費用捻出だけでもものすごい負担になります。



それ以外にもものすごいお金がかかっているはずですよね。



想像しただけで気が遠くなりそうです たらーっ(汗)




なので「なでしこJAPAN」の選手の親御さんも大変だったんだろうなぁと想像しながら観ています 目



日本ももっと様々な分野で活躍している子供たちへのサポートに力を入れてくれることを願っています。



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村






posted by wash at 15:33| 沖縄 ☀| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

勘違い

子供たちがアメリカ人と一緒にスポーツをするようになって3年ほどたちますが、その間に見てきたことで面白いことがあるんです るんるん


とにかく勘違いのレベルが高いということです exclamation



プレイヤー本人だけの場合もありますし、ご両親揃って同じタイプだったりと色々ありますが、やはり自己主張が強い国らしく

「自分のプレイが一番!」と思っている人がたまにいます あせあせ(飛び散る汗)



レベルとしては悪くないんだけど、うぬぼれるほどのレベルでもないのですが随所にその姿勢がプレイに続出するのでかえってチームの足を引っ張る結果となったりします たらーっ(汗)



ですが、面白いことにその勘違いを本人に告げる子が少ないことなんです。



チームプレイなのでみんなそれなりに回りにあわせようとする姿勢は日本もアメリカも変わりはない姿をみると、人間の基本的な思いやりはどこの国でも通用することが分かります ぴかぴか(新しい)


うちの子供たちは自己中心的なプレイをする子たちを嫌うので、たまに家で愚痴ったりしますが、それはそれで反面教師だからと諭しています。


ですが以外にもやっかいなのはご両親だったりします。



「自分の子供のプレイタイムが少ない!!」とクレームがきたりするので、子供たちだけをコーチングするだけではチーム運営は円滑に行かず、ご両親への配慮も必要となってくるのでコーチは大変です。


それで揉めているチームを何チームも見て来ました。



たまに「あんなにミスするのに何でそこまで自画自賛できるんだろう???」と不思議に思いますが、常に自己肯定の姿勢はある意味学ぶところもあります ひらめき


ですが大抵その原因はご両親の考え方が大きいのは否めないのですが、純粋に信じている段階ではまだ可愛らしいですが、現実を知った時にはどうするんだろう???と思ったりします。



なので我が家では、「うぬぼれる暇があったら練習しなさい!」と言い聞かせていますし、「下を見るんじゃなくて上と比べなさい!」と現状に満足するのではなく向上心が大切だということを教えるようにしています。



確かに自分の子供は可愛いですし、ひいき目に見てしまいますが現実を見極めながら、個々がもっている才能を伸ばしてあげたいなぁと思います。



今度のチームでも約3名ほど若干勘違いが激しい子がいますが、それはそれでみんな素直で可愛いんですよね。


サッカーシーズンももうすぐ終わりだと思うと寂しいですね。



blogram投票ボタン





posted by wash at 14:34| 沖縄 ☔| Comment(0) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

卒業式

日本は小学校、中学校と学校が変わる度に大きなセレモニー、卒業式がありますよね。


旦那は、その習慣が不思議でたまらないらしいんです。。。



去年の長男の小学卒業式の際に、すごく驚かれ

「じゃあ、中学が終わっても卒業式をするのか???」

と半ば呆れたように聞いてきました たらーっ(汗)


私が真剣な顔をして大事なセレモニーだと力説してもどうしてもその重要さが伝わらないんです・・・ ふらふら


アメリカでは高校まで義務教育なので小学校・中学校が修了しても特に何もしないらしいのですが、その代わり高校・大学の卒業式はものすごく盛大に祝います。



17年以上も一緒にいるので多少のことでは驚かないですが、久しぶりにこの件ではカルチャーショックを受けました バッド(下向き矢印)



節目、節目を大事にする日本の礼節文化とアメリカの文化の違いをみせつけられました。


なので旦那はこれまでの入学式・卒業式に出席したことはなく、いつも私一人ですが、子供たちは誰も文句を言いません。


男の子なので「来なくていいよ!」なんて言われますが、親としてはきちんとした服装で子供たちの節目の儀式に参加したいと思うのですが、そこにこだわるのは私だけです。



「高校の卒業式には参加するの?」と旦那に聞くと、「家を出ていく記念日だからもちろんお祝いしに行くよ!!」ですって たらーっ(汗)



アメリカでは18歳になると親元を離れて生活するのが当たり前なので、既に今からそのことを子供たちには通告してあります。



堅苦しい式もどうかと思いますが、新しい環境に飛び立つためには良い区切りになると思いますけどね。



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村




posted by wash at 14:55| 沖縄 ☁| Comment(4) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

変わった家族&遺言書

私の旦那のことを知っている人に必ず言われることが「本当にアメリカ人???」です。


本当に変わった人で、神経質、亭主関白、スポーツを無言で観る、沖縄料理全般食べれる、日本人の微妙な感情表現についていける等、日本滞在歴が長いこともあるのでしょうがとても不思議な感覚の持ち主です。


そんな旦那と十年以上も生活しているとかなりの忍耐力がつきますし、とにかく相手を変えようという努力はしなくなります。


そんな変わり物の旦那ですが、子供たちからは絶大な信頼があり、みんな恐れているにも関わらず必ず旦那の味方につくのをみていると、何だか割に合わないなぁと思う今日この頃です。


男の子は母親の味方だと思っていたのに、長男の口からは私を諭すような言葉ばかりで

「なんでDaddyの言うことが聞けないの??」などと悪いのはいつも私です(涙



変わり物の旦那には変わった家族がセットのようで、感情的には全く問題ないのですがかなり変わった家族です。


お義母さんもお義父さんもお義姉さんたちもみんな優しいですし、私に意地悪なことを言ってくる人はいませんが、なんというのでしょうか、私が「なんで??」と思うような決まりごとというかやり方をやるのが不思議でたまりません。



週に1回は最低でもお義母さんに電話で様子を確認していますし、財産管理などほぼ全てのことが旦那の介入なしにはできないようになっています。

日本とアメリカ、インターネットや電話があるとはいえ不都合なことも多いのですが、それでもお義母さんは旦那以外の人の言うことを受け入れません。



お義母さんを病院に連れて行くのも旦那がお義母さんに電話して、「○○な理由で病院に行かなきゃいけないから、○○と行っておいで。」等旦那が説得しないと絶対に聞かないようです。


こんなことを言うと旦那は長男で男の子は一人しかいないように思うようでしょうが、とんでもない!


旦那は確か真ん中ぐらいで男の子は私が知っているだけでも旦那以外に4人はいます。


あまりの兄弟、姉妹の多さに私も正確な人数を把握しておりませんし、会ったことない人ももちろんいます。



ただ今の状況は仕方ないとしても、年を取ると色々なことを判断するのが難しくなる中で、銀行口座の管理や病気の時などの様々な決断ができる人がいるのは良い制度だと思います。


お義母さんと旦那のサインがないと勝手に銀行からお金がおろせないようになっていますし、治療方法や転院なども同じようです。


この制度があると「振り込め詐欺」的な詐欺行為も心配しなくていいですし、遺産相続などでももめることが少ないと思います。


お義父さんとお義母さんは再婚同士なので子供も多いため財産分与はかなり複雑なようですが、とりあえずお義母さんは既に遺言書を作成しているので、万が一の時には安心だと思います。


喪主は誰にだとかかなり細かい内容でびっくりしましたが、遺言書を作成するのはアメリカ人にとっては当たり前のようです。


旦那に万が一のことがあった場合は3人の息子にその権利がいき、18歳までは私が後見人ということで一時預かりをすることになっているようです。


なんだか重々しい感じですが、これがあるおかげでお義母さんの様々な問題には旦那が対処するという方程式が成り立っているので、他の兄弟・姉妹もこれといって口を挟んできません。


別に兄弟で財産争いをしているとかではないのですが、お互いの了解のもと生前に「遺言書」を作成するメリットはたくさんあるのだなぁと改めて思いました。



お義母さんはかなり旦那がお気に入りの息子なので早くアメリカに帰ってあげればいいのにーと思うのですが、彼自身が沖縄から離れたくないようです。



いろいろな理由をつけては帰ることを延長している姿をみると、本人もお義母さんを思う気持ちとの間で辛い思いをしているのかなぁと思いますが、私や子供たちは旦那の決断に任せているのでどうしようもありません。



今年は家族で一時帰省する予定です。


お義母さんが子供たちに会いたがっているようなのですが、本当は息子に会いたいんだと思います。


遠く離れているのでたまにしか親孝行もできないので帰った時ぐらいは頑張りたいです。


といっても私の役割はできるだけお義母さんと旦那の時間をジャマしないことなんですよね(笑




ブログランキング【くつろぐ】




posted by wash at 14:32| 沖縄 ☁| Comment(2) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

豚の中身汁

今年のお正月は仕事で私の実家に行けなかった旦那。

彼が毎年楽しみにしているのがうちの母親が作る、うちなー料理の「中身汁」。

中身汁.jpg

この料理を何よりも楽しみにしていて、おかわりしまくるだけでなくお裾分けまで頂いて帰るのが恒例となっているのですが、今年はそれが食べれない。。。。

必要以上に「今年は行けないから・・・」と繰り返す旦那。


それを聞いて私は察しましたよ、「あー、中身汁が食べたいんだー。」と(笑


それでしっかりお鍋いっぱいに旦那のために持ち帰りました。

が、今日まで帰って来ない旦那なのに昨日お昼家に戻るとほとんど空になった鍋がコンロの上に???


「Daddy戻って来たの?」と子供達に聞くと

汚れた服を洗濯機に入れ、着替えをして、ラーメンどんぶり一杯にこの中身汁を食べてからまた出て行ったそうです。


仕事といえ、今回は県内のしかも自宅から車で15分もかからない所に滞在しているので、時間があればいつでも戻って来れるとはいえ、わざわざ食事をするとは思っていなかっただけに驚きました。


その後、これまたばーちゃんの中身汁が大好きな長男が少し食べたようですが、それでもお鍋一杯あったはずの中身汁をほとんど食べ尽くした旦那。



かすかに残った分も冷蔵庫で保存してあるので、今日また食べるのを楽しみに帰ってくるはずです(笑


年末もこの豚の内臓を使ってソウルフードを作ったら、私は一口も食べることなく旦那と子供達だけで完食しました。


ちなみにアメリカでも南部の一部の地域では、沖縄と同じように豚肉を食べます。

この豚の内臓をたまねぎとにんにくをたっぷり入れてお酢を多めした味付けで煮込み、ご飯の上にかけて食べるので、うちの旦那にとって豚肉は何の抵抗もなく食べれる食材です。


その他にも豚足や皮なども食べるんですよ。


遠く離れた国ですが、似たような食文化に私も結婚当初は驚きました。


旦那にとっては、うちの母親の作る中身汁はある意味、彼のおふくろの味を思い出させる料理なのかもしれないですね。


冷凍庫に公設市場で買ってもらった「中身」があと1袋残っているので、また作ってあげたいです。


ブログランキング【くつろぐ】


伊勢志摩の旅 よいとこせ 「美し国市場」


posted by wash at 12:40| 沖縄 ☔| Comment(5) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

家族 in USA

今日から13日(火)まで「秋休み」です。

しかも長男は、昨日からインフルエンザで「学年閉鎖」のため、14日(水)までお休み。

こないだ「学級閉鎖」をやったばかりじゃなーい! という感じですが、ついに6年生の2クラス学級閉鎖が出てしまい、学年閉鎖となりました。


インフルエンザの流行が9月の後半からは減少傾向にあったようなのですが、少し肌寒くなってきた10月から再び増加しているようです。

もうこう何度も待機状態が続くと、親の負担が大きいので大変です・・・(涙


しかも旦那が帰って来るまであと1週間以上あるし、どうかとにかく無事、平穏に時が過ぎてくれることを願っています。


運動会が11月1日にあるのですが、6年生は毎年恒例の「エイサー」を踊るのですが、この状況で何の練習もしていないということで、無事に運動会が開催されるかも怪しい状況です。


今まで何度か旦那が1週間以上家を空けたことはあるのですが、今回はなんだか色々トラブルや問題が勃発している感じがして、かなり精神的に疲れています。。。

子供達がコントロール不能という感じではないのですが、次男のイジメだったり、長男と三男のケンカや車の故障など、なかなか落ち着いた日々が過ごせません。


バスケットボールのサインアップなど旦那に頼まれていることも色々とあるので面倒です。


その旦那はアメリカで限られた日数でやるべき事をこなすために必死のようです。

家具の配置変えに始まり、簡単なリフォーム、修理に法的な手続きなど、とにかく色々な面からお母さんのサポートをしているようで、電話口で話すお義母さんの嬉しそうな感じとは裏腹に、妙に疲れている旦那の声が対称的で面白いです♪


あんなに子供がいるんだから誰か他の人がやってくれればわざわざ日本から行く必要もないのですが、何故かお義母さん、旦那以外の人がやろうと試みると「勝手に私の物にさわらないで!」とかなり抵抗するようで頭が痛いです。


結婚して16年がたちましたが、未だにあの家族のこの不思議な構造だけは理解できません(笑


こんなことを書いておいてなんですが、旦那の言うことしか聞かないという変わった面以外では、とても優しいお義母さんなんですよ。

男の子が好きなお義母さんは、3人も男の子を産んだ私には優しいようです(笑

結婚してからかなりたってからこの話を聞き、かなり焦りました。

「もし女の子ばかり産んでいたらどうなるのー??」
と思いますが、何しろそういうことでは本当に理解不能なファミリーですが、とりあえず結果良ければ全て良し!で深く追求しないことにします(笑


ご両親とも敬虔なクリスチャンなのですが、違う教会に通っているため日曜日の午前中はお義母さんの教会に行き、夕方はお義父さんの教会に行くというハードスケジュールです。

旦那は本当にお義母さんの事を理解しているので、教会にだけは文句を言わずに通うためにこのためだけにちゃんとスーツまで持って行きました。


お義母さんのためを思えば今すぐにでもアメリカに帰らなきゃいけないのですが、自分への負担の大きさを考えると躊躇したくなるのかもしれませんね。


どっちにしろ私と子供達はついて行くしかないですし、もうどこでも良いので早く決めて欲しいです。


それより、そろそろ三男の暴走はひどくなってきているので、早く帰って来て欲しいです。。。(涙


ブログランキング【くつろぐ】




posted by wash at 13:13| 沖縄 ☁| Comment(4) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

映画&割礼・・・

デンゼル・ワシントン主演の「サブウェイ123 激突」を観ました。





私デンゼル・ワシントンのファンなので彼が出演している映画は全て観ているのですが、この映画も期待通りのデンゼルらしい演技で満足いく作品でした。


最近から長男のお友達のお母さんと仲良くさせてもらっていて、一緒に映画を観たりと月一回ぐらいのペースで遊んでいます♪


彼女も同じ男の子3人のお母さんで上の子がもう既に高校2年生なので、色々とアドバイスをもらったり悩みを聞いてもらっています。

本当に素敵な人で、淡々としたあの強さにいつも癒されています。

今回は長男の成長についてもかなり重要な情報が聞けたので、これをどう長男に伝えようかと悩んでいます。


こんなことブログで書くのもなんですが、アメリカ人は生まれてすぐに男の子だと大事な部分の先っぽを切るんです。
いわゆる「割礼」です。

ですがうちの子供たち3人とも日本の病院で出産したので、未割礼なんです。


それが旦那にはかなり信じられないらしく、お陰で私は長男が赤ちゃんの時に色々と調べさせられ、生まれてすぐに切らなかった場合は全身麻酔をかけて切るという話だったので、ある程度成長するまで待とうという決断になったのですが・・・

来年からアメリカンスクールの中学校に進学予定の長男。

アメリカ人は部活後などにシャワーを入るので、長男のその部分が他の子に見られた場合「イジメ」にあうとかなり心配な旦那。


そういわれると私もなんだか心配になってきて、高校生と中学生がいる彼女に相談。


すると驚きの話が!!!

日本人男性は、思春期になると自分で剥かないといけないとのことなんです・・・(汗

旦那はこの自然にむけるということが何度説明しても理解できないらしく、
「むけた皮はどうするんだ!」などと私では返答できないことばかりだったのですが、彼女の話を聞いて少し安心しました。

問題はこの話をどうやって長男に伝えるか!なんです。

根本的に理解できていない旦那に説明させるのも・・・ちょっとなぁーという感じで、普通は部活の先輩たちなどから教わるらしいんですけどあの子にはそれも望めず、残るはすっかり疎遠になっている弟にお願いするしかありません。


私の口からは言えないので、どうにかしてあの子に男の子は成長の課程を教えなきゃいけないなぁと思うのですが、「そんなに気にする必要はないんじゃない?」と母親から言われ「どうしよう・・・」という感じです。


もうちょっと旦那にこの件に関しては相談してみます。


やっぱり男の子の世界は未知の世界だと痛感させられました。(汗


ブログランキング【くつろぐ】





posted by wash at 14:20| 沖縄 ☀| Comment(4) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

ボランティア

旦那がボランティアでサッカーのコーチをしているのですが、そのボランティア達への感謝のディナーがありました。

award from mccs.jpg


かなりの人たちが招待されていて、人混みを嫌う旦那は行くのを嫌がっていたのですが、主催者側からのプッシュがあったので、めでたく家族で行けることになりました♪


そこで感じたことはアメリカ人のボランティアに対する意識とそれに対しての評価の高さです。

就職、昇進にはどれくらいボランティアをしたを評価査定に考慮されるほどなので、意識してやる人もいるようです。


我が家の旦那は単に好きで子供達に関わっているのですが、今回は思わぬ形で評価されて嬉しいかぎりです。

award.jpg


バスケットシーズンからなので、決められた時間以上(年間200時間以上)ボランティアをやった人たちだけに表彰される賞まで頂き、ついでにホワイトハウスからのレターまでありました。

印刷とはいえ、紙の質感も全然違ううえ、透かし文字まで入っていて驚きました。

letter from white house.jpg


わざわざボランティアを表彰するために在沖海兵隊の司令官ご夫婦が出席しているだけでも驚いたのですが、司令官が女性なことにもびっくりしました。


子供達はそんなことよりも、いつディナーが始まり、どれだけ食べれるかで頭はいっぱいのようで、

「おかわりできる??」と何度も確認されました(汗

バイキング形式でしたので、ローストビーフやパスタなどを好きなだけ食べて大満足の子供達♪


私としても弟の結婚式のために買った子供達の服をまた着せる機会ができて良かったです。


アメリカ人の旦那ですが、変わり者なのでめったにパーティとかに行かないので家族で貴重な体験ができました。


ブログランキング【くつろぐ】





posted by wash at 13:10| 沖縄 ☀| Comment(3) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

養子縁組

子供達のサッカークラブに1家族、女の子(12歳)が旦那のチームに、男の子(7歳)が三男と同じチームにいる家族がいて、兄弟で同じチームなので、三男は練習に行く時には旦那のチームの練習場から自分のチームの練習場まではこの子のお母さんに送ってもらっています。


私が仕事で子供達の送迎ができないためにお願いしているのですが、今2週間ほどアメリカに両親だけ帰っています。

バケーションなのかなぁと思っていたのですが、子供達は二人ともお友達の家にステイしているようです。

それもすごいなぁーと思ったのですが、アメリカに帰った理由が「養子縁組」のためだと聞いて更に驚きました。


アメリカで養子縁組は珍しいことではなくて、有名人などもよくやっていますが、実際自分の知り合いで行うのは初めてでびっくりというか本当にアメリカでは普通の事なんだなぁと実感。


なんでもアジア系の女の子を養女にするようで、12歳の子は
「昨日電話で話したの。」
と旦那にも話すぐらい彼女自身も新しい妹を歓迎しているようです。


旦那も「何が珍しいんだ??」
というような反応で一人驚いているのは私だけです。


この家庭は旦那さんの地位もしっかりしていて、奥さんのほうも本当に感じが良く気配りのできる自然体の人です。


今週帰国し、旦那さんの転勤があるまでは沖縄で生活するようです。


養子縁組って難しい面もあると思いますが、この家族ならきっと素晴らしい家族としての絆を築いていけるんだろうなぁと思います。


試合がある時にはきっと連れて来ると思うので、会うのが楽しみです♪


ブログランキング【くつろぐ】



posted by wash at 15:06| 沖縄 ☔| Comment(4) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ジーンズにアイロン

私の旦那はとにかく洋服のしわを気にします。


「見た目は大事だ!」が持論。


そのためジーンズにまでアイロンをかけます。


最初の頃はジーンズにアイロン???とかなりびっくりしましたが、結婚生活も15年目が目前の最近ではだいぶ慣れました。


がしかし、お願いだからジーンズをクリーニングに出すのは止めて欲しいんです。。。(涙


お金の問題より恥ずかしいったらないです。(汗


それを止めさそうと仕方なく私がジーンズにアイロンをかけるのですが、パリパリ感が不満のようで私の目を盗んでクリーニングに持って行くのです。。。


今日は厚めのコットン素材のカットソーまでアイロンです。



折り目、しわ、パリパリ感の3拍子そろっていないとTシャツだろうが出かける前にアイロンをかけています。



確かに見た目は大事。
それは理解できます。


でもなんでもかんでもアイロンをかけるのはどうかと思う今日この頃です。。。



でも意外といるんです。
このジーンズにアイロン組。

しかも日曜日にちゃんと正装して教会に行っていた人の割合はかなり高いです。


そんなDaddyのDNAをもらった長男は服に対するこだわりはしっかり受け継いでいます。



この調子では子供達のジーンズにまでアイロンをかけさせられそうです。





posted by wash at 17:35| 沖縄 ☀| Comment(9) | カルチャーショック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。