2012年01月20日

逆境を生き抜く力

2010年に春・夏甲子園で優勝した興南高校野球部の我喜屋監督の著書「逆境を生き抜く力」を読みました 野球



子供達を野球バカで終わらせないために生活態度から改善させていくのですが、どれも納得いくものでした ぴかぴか(新しい)



食事を残さない、規則正しい生活をするなどどれも当たり前のことですが、その当たり前のことを淡々とこなすことで強い精神力が鍛えられるとのことです。




印象に残ったのは、こうした当たり前の行動をないがしろにしているプレイヤーは大事な場面でミスをするということです。



毎朝15分の散歩を欠かさず、そこで感じたことをスピーチさせ、些細や変化や季節感などを感じることによって感覚が研ぎ澄まされていくとのことを読むと、やはり日頃から色々なことを体験させることの重要さが分かってきました。



私も子供達に自分で考えて行動できる大人に成長させるためにも彼のやり方を真似てみたいと本気で思いました。




精神力を鍛えるためにも規則正しい生活をおろそかにせずに自発的に行動できるような環境や助言が出来るようになりたいものです。




子供達にも是非読んで、自分の生活スタイルや考え方を見直し、結果が残せるプレイヤーになって欲しいのですが、何せ3人とも本が嫌いなので見向きもしません もうやだ〜(悲しい顔)




私はTVよりも本を好みますが、旦那がTV好きなので3人とも旦那に似てしまったようです たらーっ(汗)




でも焦らず私が我喜屋監督から学んだことを子供達に伝えていきたいと思っています。







にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村






posted by wash at 13:28| 沖縄 ☁| Comment(2) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

神との対話シリーズ

私の趣味の一つに読書があります。


これまでにたくさんの本に出会いましたが、ここ数年はほとんどノンフィクション系の本ばかりを図書館から借りたり、購入したりして読んでいます。



これから少しずつ私が感動や影響を受けた本も紹介していきたいと思います。



最近読んだ本の中でもっとも刺激を受けた本が、


「神との対話@AB」シリーズです。

著者:ニール・ドナルド・ウォルシュ サンマーク出版


AとBを友達が貸してくれたのですが、偶然にも@を数週間前に購入していのを思い出し、読み始めA→@→Bの順番で読んでしまいましたが、それでも大丈夫でした。



とにかく「生きていく」ための様々な悩みや挫折、試練、問題等を宇宙の視点から紐解いていく内容です。


神との対話と題名にもなっているとおり、著者が神と手紙での対話形式をまとめた内容ですが、私の理解や概念を超えた内容も多くあって、一度だけではとても理解できる内容ではないですが、これから何度も何度も読んでいきたい、そんなシリーズです。





とにかく宇宙の視点からみるとこれまでの自分の考えや概念の小ささに唖然としましたが、この対話の正当性を論議することよりも伝えられた内容を理解する、吸収することにエネルギーを注いでいきたいと思わせる素晴らしい本です。



これだけのボリュームがある本を私の親友が貸してくれたことも決して偶然ではなく今、私がこの本を読むこともきっと必然性だったと思います。



人それぞれ悩みや人生の課題は違いますが、この本を通してきっと解決へのヒントが見つかると思います。






にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
にほんブログ村





posted by wash at 12:55| 沖縄 ☔| Comment(2) | Books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。